訪問歯科 ~治療をあきらめていませんか~

お年寄りやお体の不自由な方など、通院が困難な方のために、ご自宅や施設に歯科医師や歯科衛生士が訪問し診療を行っております。患者様のお持ちの健康保険証が適用されます。口腔ケアにおいてはご自宅で要介護認定を受けられている方の場合は介護保険も適用されます。
お困りのことがありましたら、お気軽に稲城の歯医者「もみの木歯科クリニック」へご相談ください。

こんなお困り事はございませんか?

  • 入れ歯が合わない
  • 口内炎がよくできる
  • お口のケアをどうしたらいいか分からない
  • 上手く飲み込めない
  • 口の中に痛いところがある
  • 口臭がきつい
  • 食事をよくこぼす
  • 誤嚥性肺炎の予防

歯科医院に行けない状態の人こそ歯の治療が必要

義歯の調整

通院困難な方に多い訴えは、「噛めなくて困っている」です。噛めなくなった原因は、歯が抜けてしまった、あるいは入れ歯が合わない、痛いなど様々です。
入れ歯は、ただ噛むことを補助することではなく、飲み込みの機能のためにも欠かせないものです。適切な状態で入れ歯を使用する事はしっかり噛めるだけでなく栄養状態の改善につながります。

全身の状態や、QOL(生活の質)の向上

むし歯や歯周病などの疾患や口の中のカビやその他の細菌による口腔感染症の予防。口腔内を清潔に保つケア(器質的口腔ケア)は、口腔内細菌を減らし、虫歯や歯周病に対してのみならず、誤嚥性肺炎の予防も目的としています。

口腔機能の維持・向上

口の周りの筋肉や舌を動かすケア(機能的口腔ケア)は、「噛む・飲み込む・話す・笑う」などの口の働き(口腔機能)の低下を予防し、機能維持・向上を目的とするケアです。
口腔機能の改善は、おいしく食べる・楽しく喋るなど生きる喜びのに大事なことでもあり、栄養状態の改善、さらには免疫能の向上もみられ、全身の健康にとって重要なことなのです。

当院は一人でも多くの方の生活の質の向上を目指してサポートさせていただいております。 些細な事でもお気軽にご相談ください。
※患者様のお体の状態などにより、訪問診療ではできない処置もございます旨予めご了承ください。

院長あいさつ

院長の片岡です。
私の亡き父も昨年認知症を患い、自宅で母やヘルパーさんの介護を要して生活をしておりました。
しっかりと噛める事、食事から栄養を摂る事は認知症の予防や進行を遅らせる事、全身の健康にとっても大変重要な役割をしています。しかし介護する母親も高齢で父を歯科に連れて行くのは大変なことだったと思います。 実家は神戸、私は東京で開業していたので近くに住んでいたら手を貸せたとこができずに心残りもございます。

そこで一人でも多くの同じような境遇のご年配の方々の生活の質の向上、口腔衛生を保ち、全身の健康を保つサポートができたらと思っております。
入れ歯が合わない、口臭がある、上手く飲み込めない、口内炎ができる等々、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。